議会議員コラム ~議員の役割~7月号

皆さんこんにちは。毎日暑い日が続きますね。自分のことで恐縮ですが、この7月で44歳になります。お腹が出てきたり、疲れが抜けにくく
なったりと、オジさんになってきたことを日々実感していますが、気持ちだけは若いつもりで頑張りたいと思います!
さて、先月に引き続き今月も、ふじタウンの読者の皆さんから実際にいただいたご質問にお答えしたいと思います。

Q.県議になって良かったことって何ですか?(小学生)
私たち議員は、日々多くの方から様々な要望や困りごとについて相談をお受けします。そうした要望や困りごとを解決したり、少しでも前進
させることで皆さんに喜んでもらえたときには、県議になって良かったと心から思えます。あと私たちが活動する上では、まず皆さんに顔と
名前を覚えてもらわなければなりません。良かったというか嬉しいことでいうと、街ですれ違った時に「金沢さん!」と皆さんから声を掛けて
もらえた時には嬉しくなりますね。 以前、車で停車中に下校中の小学生10人くらいに囲まれて、「金沢みつたかさんだ〜」「ポスターの人だ
〜」と言われた時にはちょっと戸惑いましたが、とっても嬉しかったです(笑)
Q.普段私服って何を着ているんですか?(高校生)
「いつもスーツだよね」って、皆さんから言われます(笑)、職業柄、常にビシッとしていなければとの思いで、地元で行動する時にはスーツを着
ていることがほとんどですが、友人などからは、「堅苦しいから、たまにはカジュアルな格好をしろ」と言われてしまいます。 もともと昔からオ
シャレに気を使うタイプではなかったので、私服選びは苦手です。今もたまに私服を買いますが、同級生の友人が勤めているアパレルショップ
に行って、アドバイスをもらいながら選んでいます。夏のこの時期は、チノパンにポロシャツというオーソドックスな格好が多いですね。議員活
動では挑戦の気持ちを心がけていますが、服装選びは挑戦せず無難です(笑)。