野球バカ親父コラム

今回は野球選手にとって最も大事なグラブの手入れについてお話したいと思います。グラブの手入れで気を付けないといけないのが汚れと
水分です。グラブは革で出来ているので、水分を含んでしまうと革が硬化してしまいますのでグラブを長く使用するためには日頃からのメン
テナンスが欠かせません。練習や試合後など使った後は必ずタオルで汚れを落としましょう。タオルは何でも良いのでグラブ用に一つ容易し
ておくと便利です。汚れが付いた状態でグラブにオイルを塗るとグラブが重たくなる原因になりますので絶対に汚れは落としておきましょう。
グラブ用のオイルには色々な種類がありますが個人的には固形物がおすすめです。塗り方はタオルにオイルを付け、グラブ全体に摺り込むよ
うに塗っていきます。新品のグローブは硬いので毎日オイルを塗って柔らかくしていきます。ある程度やわらかくなったグローブでも定期的
にオイルを塗ります。塗るタイミングとしては革が乾燥してきたかなぁと感じた時に塗ります。あまりオイルを使用し過ぎると革が柔らかくなりすぎるのと、グラブが重たくなる原因になります
ので乾燥してきたかなと思う頃で十分です。革は乾燥してしまうと硬化して裂けてしまいますので保湿をする意味でもオイルを塗り込みます。グラブの革紐にも塗っておくと革紐も丈夫にな
ります。革は汚れと水分を嫌いますのでグラブの保管は風通しの良い場所におきます。グラブ袋に入れたままだとカビの発生に繋がりますので注意してください。それと直射日光も良くない
ので風通しの良い日陰っで保管する様にしてください。一番身近なグラブを手入れする事で愛着が湧き野球も必ず上手になります。子供のうちに習慣付く様にまずは子供と一緒に手入れを
してみてください。